薬剤師転職ガイドTOP >薬剤師の転職事情 > 薬剤師の転職の悩み

薬剤師の転職の悩みについて

 

薬剤師の転職の悩みとして「新薬が次々と発売されている状況に、対応しきれるか?」というものがあります。出産や子育てで、数年単位で家庭生活に専念していた方は、そのような悩みを持ちます。これは医療関係者の方(医師、看護師、その他)は、多くの方が持つ悩みで「新しい技術についていけるか?」「責任の重い仕事なので、何かあってからでは遅いのでは?」と考えてしまうようです。大学の薬学部・薬科大学を受験し、合格できる人というのは生真面目で几帳面な正確の方が多いので、薬剤師として転職するときの悩みも、深くなってしまうのでしょう。

 

薬剤師の転職の悩みは、医療関係のキャリアコンサルタントに相談してみると、解決策が見つかるかもしれません。たとえば、10年ほどもブランクがありながら、再就職を考えるというケースは、さすがにキャリアコンサルタントでも対処の限界があるかもしれません。しかし「自分ひとりだけが、悩んでいて、もう駄目だと思いつめてしまう」ことと、「専門家に相談しよう」という発想が持てることは、ずいぶんと違います。

 

薬剤師の転職の悩みは、同じ状況にある人の多くが持っているものです。特に、薬剤師は20代後半から30代のときに、結婚・出産などの理由で、職場を離れることが多いです。そのため、決して一人で考え込まずに、人材紹介会社のキャリアコンサルタントなどに相談してみましょう。インターネットの掲示板などでも相談はできますが、悪意のある方の書き込みも散見されますので、余計に落ち込んでしまうリスクもあることに、注意をしてください。

 

転職するなら一人で悩まずに…