薬剤師転職ガイドTOP > 薬剤師の転職事情 > 薬剤師の転職の現状

薬剤師の転職の現状について

 

薬剤師の転職の現状としては「今までと同じような、売り手市場とは言えなくなる」という状況があります。調剤薬局で働く薬剤師は女性が多いので、結婚・出産などの機会にいったん職場を離れる人が、30代頃に多く、40代頃になると「復帰したい」と考える人が多いといわれています。職場に復帰するといっても、フルタイム勤務が難しいという人は、パートの求人に応募することも多いです。

 

薬剤師の転職の現状と将来に言えることは「今後は新卒者が増えるため、転職を繰り返してきた人は、不利になる可能性がある」ということです。調剤薬局の業務は忙しいため、長く働いてくれる人を求める職場も多いです。今までの「薬剤師の就職・転職は売り手市場」というイメージに甘え、短期間での転職を繰り返してきた人は、不利になっていきます。

 

薬剤師の転職情報は現状では、新聞の折込チラシを見ても、簡単に見つけることができますし、インターネットを利用して求人を見つけることもできます。人材紹介会社や人材派遣会社への登録も有効な方法です。人材紹介会社は、キャリアコンサルタントがいますので、薬剤師としての転職の悩みを相談することも可能です。ただ、大手の人材紹介会社のほうが「良い転職活動ができる」とは、必ずしも言えません。たとえば、家庭生活との両立を考えている人は、地元の求人情報が必要となりますので、新聞折込の広告・タウン誌を見たり、地元の薬局を回ってみて、求人を出しているところを探す、という方法もあります。

 

記事一覧記事一覧

薬剤師の転職の悩み

薬剤師の転職の悩みとして「新薬が次々と発売されている状況に、対応しきれるか?」というものがあります。出産や子育てで、数年単位で家庭生活に専念していた方は、そのような悩みを持ちます。...

薬剤師の転職の現状

薬剤師の転職の現状としては「今までと同じような、売り手市場とは言えなくなる」という状況があります。調剤薬局で働く薬剤師は女性が多いので、結婚・出産などの機会にいったん職場を離れる人...

薬剤師の転職と口コミ情報

薬剤師の転職には、実際に転職をした人の口コミ情報が役立つ部分はあります。ただ、口コミ情報には主観が入ります。「冷静な意見ではなく、生の声・主観の入った判断が聞きたい!!」という意見...

薬剤師の派遣について

薬剤師の「派遣」とは、派遣会社の社員として、派遣先へ出向いて働くという形になります。薬剤師専門の派遣会社もあります。ただ、薬剤師には「派遣」という形よりは、転職して別の会社・薬局で...

薬剤師バイトの働き方について

薬剤師はバイトという働き方があり、子育て中の方や、大学院での研究と薬剤師の仕事を両立している方など、様々な方がいます。ただ、薬剤師のバイト募集自体が、減っているという現状があります...

薬剤師の転職とブランクについて

薬剤師の転職には「ブランクがあるから」という事実そのものは、滅多に不利になることはありません。ブランクのない人を探すほうが、現状では難しいからです。特に、薬剤師として働く女性は、家...

薬剤師の仕事

薬剤師の仕事の場は、調剤薬局、病院、ドラッグストア、企業などに分けられます。一般の人が接する機会が多いのは、調剤薬局や病院で働いている薬剤師の先生でしょう。薬剤師の仕事は「薬を調剤...