薬剤師転職ガイドTOP > 転職に何を望むか > 薬剤師の給料

薬剤師の給料について

 

薬剤師の給料は、業種・職場によってもかなり異なります。製薬会社で研究職として勤務する人は、30代になれば年収1000万円近くを得ることもあります。また転職をする人の中にも、年収1000万円を提示されて転職をするというケースが多いです。そのため、会社員としては、収入面でかなり良い立場と言えます。薬科大学に入学するのは、女性のほうが多いのですが、病院・調剤薬局に勤める人は、もっともっと女性が多くなります。それは、男性のほうが企業へ就職する人が多いからだと言われています。得られる収入のこと・長く続けられる職場であることなどを考えると、企業勤めというのは魅力の高い働き方と言えます。

 

企業以外の職場になると「若いうちに高い給料が得られる」のは、ドラッグストアだと言われています。新卒の方が、年収500万円を得られる職場というのは、まずないものです。ただ、ドラッグストアでは昇給の機会というのも少なくなってきます。「若いうちの給料が、年を重ねてもそのまま続いていく」と言えます。

 

調剤薬局で働く上では、1000万円ほども給料を受け取れる人はまずいませんし、パート・アルバイトでそれほどの年収を得ることは不可能になっていきます。ただ、調剤薬局を経営するならば話は別です。経営方針がうまく行けば、高い年収を得ることも可能かもしれません。薬剤師の働き方・給料は多様です。多様だということは「自分でどうするべきかを考えなければならない」ということです。自分の人生設計を良く考えて、自分の進路を決めましょう。

 

記事一覧記事一覧

薬剤師の転職の動機

薬剤師の転職の動機には、様々なものがあります。結婚・出産などを機会として、一度は家庭に入るという方もいるでしょう。このようなケースは、転職の動機として述べるのに躊躇はいりません。た...

派遣薬剤師の時給について

派遣薬剤師の時給は、一般職の会社員などより、はるかに高いです。企業へ派遣されるケースですと、年収になおして、700万円くらいを得ることも可能です。正社員の1000万円程度と比べると...

薬剤師の転職のメリット

薬剤師の転職のメリットは「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はで...

薬剤師の転職のデメリット

薬剤師の転職のデメリットは、今後、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。...

薬剤師の給料

薬剤師の給料は、業種・職場によってもかなり異なります。製薬会社で研究職として勤務する人は、30代になれば年収1000万円近くを得ることもあります。また転職をする人の中にも、年収10...