薬剤師転職ガイドTOP > 転職に何を望むか > 薬剤師の転職のメリット

薬剤師の転職のメリットについて

 

薬剤師の転職のメリットは「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はできる、という場合に、職場を選べるということが、薬剤師としての転職のメリットと言えます。

 

また、薬剤師の仕事の場は、企業に勤める・病院や薬局に勤める・ドラッグストアに勤めるなど、様々な方法があります。自分のライフスタイル・希望に合わせて、選択の幅が広いということも、メリットと言えるでしょう。新卒の方が就職を考えるときにも同じことは言えるのですが、今後は薬科大学・薬学部の新卒者が増えてくるので、「最初から転職をする前提で、就職先を選ぶ」という心構えは、避けたほうが良いでしょう。

 

薬剤師の転職のメリットとしては「Uターン・Iターン就職がしやすい」ということも、挙げられます。地方によっては、薬剤師不足が深刻であり「薬剤師として働いてくれるなら」と待遇を非常によくして、薬剤師を迎えてくれる地方もあります。薬剤師の給与は、業種・業態によって非常に異なるのですが、仕事の責任の重さ・仕事の種類などもそれぞれ異なってきますので、一概に「どの働き方が一番いい」とは言えません。企業で働くと、30代で1000万円を稼ぐ人もざらではありませんが「研究の成果をあげなければならない」というプレッシャーもかかってきます。メリット・デメリットを良く考えて、「自分に合う」働き方・職場を選ぶことが必要です。

 

記事一覧記事一覧

薬剤師の転職の動機

薬剤師の転職の動機には、様々なものがあります。結婚・出産などを機会として、一度は家庭に入るという方もいるでしょう。このようなケースは、転職の動機として述べるのに躊躇はいりません。た...

派遣薬剤師の時給について

派遣薬剤師の時給は、一般職の会社員などより、はるかに高いです。企業へ派遣されるケースですと、年収になおして、700万円くらいを得ることも可能です。正社員の1000万円程度と比べると...

薬剤師の転職のメリット

薬剤師の転職のメリットは「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はで...

薬剤師の転職のデメリット

薬剤師の転職のデメリットは、今後、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。...

薬剤師の給料

薬剤師の給料は、業種・職場によってもかなり異なります。製薬会社で研究職として勤務する人は、30代になれば年収1000万円近くを得ることもあります。また転職をする人の中にも、年収10...