薬剤師転職ガイドTOP > 転職に何を望むか > 薬剤師の転職のデメリット

薬剤師の転職のデメリットについて

 

薬剤師の転職のデメリットは、今後、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。ただ、薬剤師のアルバイト・パートの人材募集が減っています。パートやアルバイトには「希望する時間帯が似てしまう」というデメリットがあります。たとえば「家庭の事情で、午前中メインに働きたい」という人はたくさんいるのですが、逆に言えば「夜にも働ける人が少ない」ということでもあります。病院・薬局の仕事は夜遅くまであるので、夜にも働ける人でないと、今後は雇ってもらえなくなる、という可能性はあります。

 

薬剤師の転職のデメリットとしては「大学の薬学部・薬科大学の4年制から6年制への移行が済み、新卒者がたくさんうまれるため、安易な転職を繰り返してきた人ほど、不利になる」と言えます。長く働いてもらえる人、職場に定着する確率が高い人を、病院・薬局も歓迎するようになるでしょう。

 

また、薬剤師の転職には「ブランクがある」というだけでは、デメリットになりません。ただ、新薬の開発が進められていますし、コンピュータが使えなければ、仕事にならない職場も多いです。そうなると、ブランクが長くて年齢が高くなり、コンピュータが苦手な人というのは、敬遠されることがあります。もちろん、年齢が高くても、働き続けてきて、現在の薬局事情に精通している人なら、転職も可能かもしれません。

 

記事一覧記事一覧

薬剤師の転職の動機

薬剤師の転職の動機には、様々なものがあります。結婚・出産などを機会として、一度は家庭に入るという方もいるでしょう。このようなケースは、転職の動機として述べるのに躊躇はいりません。た...

派遣薬剤師の時給について

派遣薬剤師の時給は、一般職の会社員などより、はるかに高いです。企業へ派遣されるケースですと、年収になおして、700万円くらいを得ることも可能です。正社員の1000万円程度と比べると...

薬剤師の転職のメリット

薬剤師の転職のメリットは「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はで...

薬剤師の転職のデメリット

薬剤師の転職のデメリットは、今後、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。...

薬剤師の給料

薬剤師の給料は、業種・職場によってもかなり異なります。製薬会社で研究職として勤務する人は、30代になれば年収1000万円近くを得ることもあります。また転職をする人の中にも、年収10...