薬剤師転職ガイドTOP > 転職に何を望むか > 薬剤師の転職の動機

薬剤師の転職の動機について

 

薬剤師の転職の動機には、様々なものがあります。結婚・出産などを機会として、一度は家庭に入るという方もいるでしょう。このようなケースは、転職の動機として述べるのに躊躇はいりません。ただ、薬剤師の転職の動機として「前の職場が嫌になった」ということは、間違っても述べてはいけません。それが事実であったとしても、転職の際にそれを正直述べる人は「物事を環境のせい・他人のせいにしやすい人」「当社のことも、他所へ行ったら悪く言うのかもしれない」という印象をもたれます。

 

薬剤師の転職の動機は、ほとんどの場合は、面接で述べることになるでしょう。面接の前に履歴書・職務経験書をお渡しするケースもあるでしょう。職務経歴書が「無難に・遠慮がちに」まとまっているケースが、意外に多いといいます。難しい・美しい表現などを使う必要はないのです。ただ「自分のキャリアはこうです」「自分は新しい職場に、このような貢献ができます」ということを、堂々と自信を持って書くことが大事です。

 

職務経歴書を見た採用担当者は「前の職場で、貢献できなくなった理由は何か?」を必ず聞いてくるので、答えは用意しておきましょう。また、薬剤師の転職先として「他の場所ではなく、この職場を選んだ動機は何か?」も必ず聞かれることでしょう。それに対しても、大袈裟な言葉は必要ないのですが、答えは用意しておきましょう。人材紹介会社を利用して転職活動をすれば、転職にあっての最適な方法・動機の述べ方・職務経歴書の書き方などのアドバイスも、受けることが可能です。

 

記事一覧記事一覧

薬剤師の転職の動機

薬剤師の転職の動機には、様々なものがあります。結婚・出産などを機会として、一度は家庭に入るという方もいるでしょう。このようなケースは、転職の動機として述べるのに躊躇はいりません。た...

派遣薬剤師の時給について

派遣薬剤師の時給は、一般職の会社員などより、はるかに高いです。企業へ派遣されるケースですと、年収になおして、700万円くらいを得ることも可能です。正社員の1000万円程度と比べると...

薬剤師の転職のメリット

薬剤師の転職のメリットは「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はで...

薬剤師の転職のデメリット

薬剤師の転職のデメリットは、今後、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。...

薬剤師の給料

薬剤師の給料は、業種・職場によってもかなり異なります。製薬会社で研究職として勤務する人は、30代になれば年収1000万円近くを得ることもあります。また転職をする人の中にも、年収10...