薬剤師転職ガイドTOP > 転職に何を望むか > 派遣薬剤師の時給について

派遣薬剤師の時給についてについて

 

派遣薬剤師の時給は、一般職の会社員などより、はるかに高いです。企業へ派遣されるケースですと、年収になおして、700万円くらいを得ることも可能です。正社員の1000万円程度と比べるとはるかに安いですが、他の職業に比べると待遇はいいと言えるでしょう。

 

ただ、派遣薬剤師の時給は高いといっても「せっかく働くなら、正社員になったほうがメリットがあるのでは?」と考えられるケースも多いのは事実です。薬剤師の転職は多いですし、売り手市場気味の転職市場のことを考えても、派遣社員でい続けるメリットというのが、一般の仕事に比べて少ないといえます。一般的な事務職の方ですと「正社員としての働き口がなく、派遣社員として働くしかない」「無職になってしまうよりは、派遣であっても仕事に就くほうがいい」というケースは多々あるのです。

 

派遣薬剤師の中にも、最近は紹介予定派遣という形で派遣される人がいます。派遣社員という形で一定期間働いて、双方の合意が成立した場合にのみ、正社員として派遣先企業に雇用されるというものです。紹介予定派遣で働いている人は、ほとんど正社員として雇用されることになると、言われています。一般派遣の場合には、派遣社員としては歓迎されても、正社員にはなれない、というケースも多いです。紹介予定派遣を勧められたら、まずは「ご自身の仕事の能力を、ある程度評価されている」と喜んでいいでしょう。その上で、実際に働いてみて「どうしても合わない」場合には、軌道修正も可能ですので、そのお話を受けるかどうかよく考えると良いでしょう。

 

記事一覧記事一覧

薬剤師の転職の動機

薬剤師の転職の動機には、様々なものがあります。結婚・出産などを機会として、一度は家庭に入るという方もいるでしょう。このようなケースは、転職の動機として述べるのに躊躇はいりません。た...

派遣薬剤師の時給について

派遣薬剤師の時給は、一般職の会社員などより、はるかに高いです。企業へ派遣されるケースですと、年収になおして、700万円くらいを得ることも可能です。正社員の1000万円程度と比べると...

薬剤師の転職のメリット

薬剤師の転職のメリットは「自分の生活スタイルに合わせて、勤務の状況を変えられる」ということです。家庭との両立を考えると、フルタイム勤務は難しいけれど、バイト・パートとしての勤務はで...

薬剤師の転職のデメリット

薬剤師の転職のデメリットは、今後、現れてくる可能性が高いです。今までは「薬剤師は転職をするのに有利」「結婚して退職をしても、好きな時期に社会復帰できる」というイメージがありました。...

薬剤師の給料

薬剤師の給料は、業種・職場によってもかなり異なります。製薬会社で研究職として勤務する人は、30代になれば年収1000万円近くを得ることもあります。また転職をする人の中にも、年収10...